うちののブログ

ふくおかの司法書士が書いています

耳の痛いこと

自営業の怖いところは、なかなか自分を客観的に見ることが出来ない点にあります。

サラリーマン時代は定期的に人事考課を受け、自分の欠点や足りない能力を指摘してくれる制度がありましたが、自営はそうではありません。

 

見限られたら最後、次がないだけです。

知識も人間力も、鍛えがいがあると感じています。

 

サラリーマン時代も、苦情は業務改善の布石となる有り難いものだと教えられてきましたが、自営は特に感じます。

会社ではなく、自らに向けられる指摘は、耳も胸も痛いものですし、時に受け入れるのに時間がかかりますが、ありがたく受け止めて、次に生かすようにしています。

他人からの指摘は当たっていることが多いからです。

 

以前、どうしても信頼関係を築けなかった関係者から、「あなたは一見人当たりが良さそうで、その実、とてもプライドが高く腹黒い女だ」と言われたことがあります。

 

そんなことを言われたのは初めてだったので、当時はとても衝撃的で受け入れ難かったのですが、時間を経て思い返すたびに、確かにそういう部分が私にはあるなと、今は妙に納得して、気をつけています。言われなければ自分では気づくことができなかったと思うので、指摘してくれた人には感謝しています。

 

ビジネス本やnote、オンラインサロン、Voicy等々

自己啓発や自己研鑽の手段は世の中に溢れていますが、所詮それも商品です。

購入してもらいやすいように作られた、キャッチーで耳障りが良く、都合のいい解釈のものに目が行きがちですが、本当に自分を成長させるのは、自分に向けられた、耳の痛いご指摘なのかもしれません。